○安来市観光施設の設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日

条例第182号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、安来市観光施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 安来市観光施設の名称及び位置は、次のとおり設置する。

名称

位置

鷺の湯公園

安来市古川町454番地1

清水展望台公園

安来市清水町737番地8

(占用)

第3条 安来市観光施設の占用許可は、次に掲げるものとする。

(1) 電柱、線類

(2) その他占用が施設の利用に著しい支障を及ぼさないと市長が認めたもの

(占用料及び納付)

第4条 安来市観光施設を占用する者は、別表に掲げる額の占用料を納付しなければならない。

2 占用料は、安来市観光施設の占用の許可のあった際にその全額を納付するものとする。ただし、占用期間が引き続き2会計年度以上にわたるときは、占用の許可の日の属する年度に係る分については許可のあった際に、その翌年度以降に係る分については、各年度ごとに当該年度の始めに納付しなければならない。

(占用料の還付)

第5条 既に納付した占用料は還付しない。ただし、天災その他の事由により安来市観光施設の占用ができなくなったときは、その事実が発生した日から6月以内に占用料還付の請求があった場合は、この限りでない。

2 前項ただし書の規定により、還付する占用料は当該占用料の総額からその事実が発生した日までの期間の占用料に相当する額を控除した額とする。

(管理)

第6条 安来市観光施設は、常に良好な状態において管理し、最も効率的に運用しなければならない。

第7条 削除

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の安来市観光施設の設置及び管理に関する条例(昭和60年安来市条例第22号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年6月27日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年1月27日条例第1号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

施設の占用料

区分

単位

金額

占用行為

電柱

1本1年につき

570円

線類

1メートル1年につき

40円

その他の占用物件

その都度市長が定める額

備考

1 年額をもって定める占用料で、占用の期間が1年未満のもの又は1年未満の端数は、月割りによって計算する。

2 占用料の額の基礎となる占用の長さで、1メートル未満のもの又は1メートル未満の端数は、1メートルとして計算する。

3 消費税法(昭和63年法律第108号)別表第1第1号により非課税とされるものを除くものについての占用料の額は、この表に掲げる額に消費税の税率を乗じて得た額及びその額に地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額を加えた額(当該額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

安来市観光施設の設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日 条例第182号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光/第2節
沿革情報
平成16年10月1日 条例第182号
平成18年6月27日 条例第23号
平成26年1月27日 条例第1号