○安来市広瀬絣センターの設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日

条例第184号

(趣旨)

第1条 魅力のあるまちづくり計画及び地域経済振興対策事業の一環として、伝統工芸の技術保存と開発に寄与し、本市の産業振興に資するため、広瀬絣センター(以下「絣センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 絣センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 広瀬絣センター

位置 安来市広瀬町町帳775―1番地

第3条 削除

(入場の制限)

第4条 次に該当する者に対しては、絣センターの入場を拒み、又は退場を命ずることができる。

(1) 秩序又は風俗を乱すおそれがあると認められる者

(2) 感染性疾患又は精神に障害があると認められる者

(3) 他人に危害を及ぼし、又は他人に迷惑となる物品を携帯する者

(損害賠償)

第5条 入場者が故意又は過失によって施設及び展示品を破損し、亡失したときは、これを原状に復し、又はそれによって生じた損害を賠償しなければならない。

(運営協議会の設置)

第6条 絣センターの円滑な管理運営を図るため、広瀬絣センター運営協議会(以下「運営協議会」という。)を置く。

2 運営協議会は、市長が委嘱する10人以内の委員をもって組織する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、欠員により補充された委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の広瀬絣センターの設置及び管理に関する条例(昭和60年広瀬町条例第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(委員の任期に関する経過措置)

3 この条例の施行の日以後、最初に委嘱される委員の任期は、第6条第3項の規定にかかわらず、平成17年3月31日までとする。

附 則(平成18年6月27日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

安来市広瀬絣センターの設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日 条例第184号

(平成18年6月27日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光/第2節
沿革情報
平成16年10月1日 条例第184号
平成18年6月27日 条例第23号