○安来市どじょう振興事業費補助金交付要綱

平成16年10月28日

告示第128号の2

(趣旨)

第1条 地域ブランドとしての「やすぎどじょう」の生産出荷体制の確立を目的として、市が交付する安来市どじょう振興事業費補助金については、安来市補助金等交付規則(平成16年規則第53号)に規定するもののほか、この告示に定めるところによる。

(交付対象及び補助率等)

第2条 補助金は、前条の目的達成のための事業を行う団体及び個人(以下「事業者」という。)に対し、予算の範囲内において交付するものとする。

2 前項の規定による補助金の交付対象及び補助率等は、別表に定めるとおりとする。

(交付申請)

第3条 補助金の交付を受けようとする事業者は、安来市どじょう振興事業費補助金交付申請書(様式第1号)に事業計画書(様式第2号)を添えて、市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第4条 市長は、前条に規定する補助金の交付申請書を受理したときは、当該申請に係る書類を審査し、補助金を交付すべきと認めたときは、安来市どじょう振興事業費補助金交付決定通知書(様式第3号)により、事業者に通知しなければならない。

(請求)

第5条 事業者は、前条の規定による補助金の交付決定通知があったときは、安来市どじょう振興事業費補助金請求書(様式第4号)を、市長に提出するものとする。

(実績報告)

第6条 事業者は、事業が完了したときは、速やかにその成果を記載した安来市どじょう振興事業費補助金実績報告書(様式第5号)を、市長に提出しなければならない。

(確定)

第7条 市長は、事業の実績報告を受けた場合においては、その報告にかかわる事業等の交付の決定及び、これに附した条件に適合するものであるかどうかを審査し、適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、安来市どじょう振興事業費補助金確定通知書(様式第6号)を、事業者に通知しなければならない。

(返還)

第8条 市長は、補助金の交付後、事業者が次の各号の一に該当すると認めたときは、補助金の全部又は一部の返還を命ずるものとする。

(1) 補助金を他の用途に使用したとき。

(2) その他、不正の手段により補助金の交付を受けたとき。

(その他)

第9条 この告示の施行に関し、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成16年10月28日から施行する。

附 則(平成21年3月3日告示第12号)

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

対象事業

補助限度額

補助率

(1) 養殖に係る個人事業経費の補助

養殖開始3年以内の者

稚魚・幼魚の購入費、養魚飼料・養殖資器材購入費、養殖池等の補修及び整備に係る経費

予算の範囲内の額で20万円を上限とする。

経費の1/2以内

3年を超える養殖経験者

養殖池等の補修及び整備に係る経費

経費の1/2以内

稚魚の購入費、養魚飼料購入費

経費の1/4以内

(2) 生産出荷販売に係る団体事業経費の補助

生産出荷販売用資器材等の購入費、生産出荷販売の促進に係る経費及び事業等

予算の範囲内の額

経費の1/2以内

画像

画像

画像

画像

画像

安来市どじょう振興事業費補助金交付要綱

平成16年10月28日 告示第128号の2

(平成21年4月1日施行)